親の情報が得られるタイプを選ぶ

子供は親に似ます。顔や体つきだけでなく、性格などが似るケースもあるでしょう。顔が似るなら体の中身も似る可能性が高くなります。病気などでは、なりやすい、なりにくいがそれなりにあるとされます。病気のなりやすさなどが遺伝によって伝わるので、親が何らかの病気になり易ければ子供もなる可能性があります。ペットの選び方として、親の情報が得られるものがいいかもしれません。親の情報が分からないと、その子がどんな病気になりやすいかがわかりません。体の弱い親から生まれていると、今は元気そうに見えてもすぐに弱ってしまうかもしれません。ペットもかわいそうですし、飼い主もつらくなります。親がはっきりしている販売店なら、元気な親から生まれた子しか販売しないでしょう。

性格の良い子犬はどうやって選ぶか

人にはそれぞれ性格があります。明るくおおらかな人もいれば、引っ込みじあんでおとなしい人もいます。性格は変えられるときもありますが、動物などはあまり変化しないかもしれません。子供のころに一定の性格が見えると、大人になってもその性格が引き継がれる可能性があります。ペットの選び方として性格の良い子を選びたいときにはどうすればいいかがあります。まずは抱っこをしてみましょう。この時にすぐになついてなめてくるぐらいだと社交性がある性格と言えます。人で言えば明るくおおらかなタイプで、飼うには扱いやすいといえます。一方で嫌がったり息使いが荒くなる子は警戒心が強いタイプかもしれません。少し飼うのが大変になる可能性があります。

ペットショップなら神奈川がおすすめです。神奈川県は海に面しているため、都市部のわりに過ごしやすい環境があります。そのため、ペット好きな人も多く、たくさんのペットショップがあります。